和式トイレで起こる水のトラブル

和式トイレで起こる水のトラブル 温水洗浄便座が多くなっている現代ですが、和式トイレも人気があり、特に掃除がしやすい点で好まれています。そんな和式トイレも洋式トイレと同じように水のトラブルが起こることがあります。その種類も複数あり、トラブルが起こる個所もいろいろです。そんな水のトラブルは急に起こる可能性もあります。その際には自分で対処できることはとても少なく、専門の業者に連絡をして速やかに修理の依頼をしなければならないケースがほとんどといっていいでしょう。ただ和式トイレのトラブルに関して、また業者に関して基本的な知識を持っておけば、万が一トラブルが起こってもスムーズに落ち着いて対応することができます。

■自分で対応ができる和式トイレのトラブル

和式トイレで起こるトラブルはいろいろありますが、その中でも自分で対処しやすいのがトイレのつまりです。これはトイレットペーパーを一度に多く流したことで症状が起こるケースが多いといえます。トイレがつまると使用できませんから、この症状が起こった場合は50℃程度のお湯や洗剤、ラバーカップで圧力を加えるという対処法を実践してみるといいでしょう。お湯を使っても改善がされない場合は洗剤を使用する、さらに変化がなければラバーカップを使用する流れで行ってみるといいでしょう。ただこの方法でも改善が見られない場合は自分で対処することはストップし、水道修理の業者に連絡をしなければなりません。自分で長く対処しすぎたことで、より症状が悪化するケースもあるので、注意が必要です。

■自分で対処できないような水のトラブル
和式トイレではいろんな水のトラブルが起こるものです。最も危険なのが水が止まらないというものです。タンクにどんどん水が入っていき止まらない、手洗い管の水が止まらないという症状があります。この場合はできるだけ早く業者に連絡をしなければなりません。また水漏れも多く起こる症状です。水漏れはいろんな箇所から起こるものですが、多くは部品の劣化が原因です。ただそれ以外が原因で起こることもあります。水漏れが起こった場合は改善が見られないため、早急に業者に連絡をしなければなりません。ただどんな業者でもいいわけではなく、和式トイレの修理の経験が多い業者でなければなりません。長い実績を持つ業者なら和式トイレの対応も数多くしてきています。

■便利で安心できる業者を探しておく

和式トイレの水のトラブルが発生したら業者にすぐに連絡をしなければなりません。しかしより望ましいのはあらかじめ依頼をする業者を見つけておくことです。そうすればトラブルが起こったとしてもすぐに連絡ができますし、時間をできるだけかけずに修理をしてもらうことができます。そのために、深夜や早朝でも対応してくれる、24時間いつでも連絡ができるといった業者を探しておくとより便利です。最近ではこういったサービスを提供している業者も登場しています。和式トイレに関して多くの実績があり、なおかつ時間帯に関係なく対応してくれるような業者を知っておけば、安心して日々トイレを使用できます。

■まとめ
和式トイレでもいろんなトラブルが起こってしまいます。自分で対処できる方法を知っておき、万が一の時に実践するといいでしょう。また自分で対処できない時には業者にすぐに連絡をして自宅に来てもらうようにすることが大切です。いつでもすぐに駆けつけてくれる業者を知っておけば、トイレが使用できない時間もできる限り短くすることができます。このサイトでは和式トイレのトラブルに関する対処、またその際の業者の選び方について説明しています。和式トイレを使用している方はもしもの時のために知っておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース